浄土真宗 お経 全文。 浄土真宗講座|仏教で最も重要な、本願成就文とは何か|浄土真宗 親鸞会

お経 全文 浄土真宗 お経 全文 浄土真宗

今発願 ( こんほつがん )。 もし、人がいて、願いを起こそうとする人、もう起こした人、またはいまから起こす人、阿弥陀仏の国に生まれようと欲せば、このもろもろの人ら、みな、この上なく正しい悟りから退転しないようにすることができ、かの国土において、もしはすでに生まれ、もしは今生まれ、もしはこれから生まれるだろう。 そのお経の中で、最も大事なお経が3つあります。

15
共命之鳥 ( ぐみょうしちょう )。
お経 全文 浄土真宗 お経 全文 浄土真宗

お前の心においてどう思うか。 親鸞聖人は一切経を何度も読み破られて、自信を持って教えられているのです。 舎利弗、極楽国土には、是の如きの功徳荘厳を成就せり」とは、極楽浄土には、金、銀、瑠璃、水晶、ツヤのある貝、赤い真珠、メノウでできた立派な建物と、八功徳の水をたたえた池があり、底には砂金が敷かれている。

20
亦称説我 ( やくしょうせつが )。
お経 全文 浄土真宗 お経 全文 浄土真宗

私たちは、どんなにが進歩しても、経済が発展してお金があっても、心からの幸せになれずにで苦しんでいます。

迦陵頻伽 ( かりょうびんが )。 ここでは、般若心経を中心に、各宗派での勤行の内容や作法の違いについて見ていきましょう。
お経 全文 浄土真宗 お経 全文 浄土真宗

一切経に説かれた教えは、すべて「 浄土の方便の善」だと教えられています。

10
舎利弗、北方世界にも焔肩仏、最勝音仏、難沮仏、日生仏、網明仏、是の如き等の恒河沙数の諸仏有して、各其の国に於て、広長の舌相を出して遍く三千大千世界に覆いて、誠実の言を説きたまう、汝等衆生、当に是の称讃不可思議功徳一切諸仏所護念経を信ずべしと。
お経 全文 浄土真宗 お経 全文 浄土真宗

其音演暢 ( ごおんえんちょう )。

10
かの仏国土には、このようにすぐれた性質の荘厳を成就する。
お経 全文 浄土真宗 お経 全文 浄土真宗

(阿弥陀経) 阿弥陀如来の光明は限りがなく、十方世界を照らすのに妨げるものがない。 一・十・百・千・万・億・兆・京・垓・𥝱・穣・溝・澗・正・載・極・恒河沙・阿僧祇・那由他・不可思議・無量大数 ですから数の単位の、大きいほうから3番目が那由他です。

11
無所障碍。
お経 全文 浄土真宗 お経 全文 浄土真宗

離婆多 ( りはだ )。

18
開山・廃寺により変動するため寺院数は、約8,900ヶ寺とした。 与如是等。
お経 全文 浄土真宗 お経 全文 浄土真宗

浄土宗の葬儀についての記事もありますので参考にしてください。

「 百千倶胝那由他多劫」という果てしない遠い過去から、数え切れないたくさんの仏方が、数え切れないたくさんの舌のそれぞれから、限りない大きな声を出され、 「 名号の功徳はすごいぞ、すごいぞ、すごいぞ、すごいぞ……受け取れよ、受け取れよ、受け取れよ、受け取れよ……」 と顔中口にして叫び続けても、未だに叫び尽くせないのです。 自力での悟りや成仏ではなく阿弥陀仏の本願による往生を頼む浄土真宗では、厳しい修行の教えを内包する般若心経を読経する必要はありません。
お経 全文 浄土真宗 お経 全文 浄土真宗

人は、何かを信じなければ生きていけない、ということは、何かの信心を持たなければ生きていけないということです。 それが釈尊の「本願成就文」で、 「即得往生住不退転」と、弥陀の救いは死後ではなく現在であることがハッキリします。

4
舎利弗 ( しゃりほー )。